SCA CSP 焙煎コーヒーコース(英語 / 日本語 / 北京語 / 広東語)

通常価格
¥70,000
セール価格
¥70,000
通常価格
税込み。
サイズ:
言語を教える:
時間:
Best Japanese Coffee Roasters
  • Best Japanese Coffee Roasters
Best Japanese Coffee Roasters
製品のハイライト

ご質問がございましたら、hello@tasse-coffee.jp までご連絡ください。できるだけ早く(1 日以内)返信させていただきます。

説明

SP 焙煎モジュール - 基礎レベル

この基礎コースでは、焙煎の技術と機器について包括的に紹介しており、初めて焙煎に興味がある人に最適です。

  • 焙煎時の熱伝達プロセス
  • 焙煎の基本とサイクル
  • コーヒー乾燥段階(水分)
  • 焙煎の段階
  • 浅煎り、中煎り、深煎り

前提条件: なし 筆記試験と実技試験の後、合格者にはライセンスが発行されます。

期間:1日コース

CSP 焙煎モジュール - 中級

中級コースでは、焙煎についての理解を深め、さまざまな標準的な焙煎プロファイルを実行する能力を評価するとともに、官能分析を通じてさまざまな焙煎の欠陥を特定するスキルを強化します。

  • 熱伝達(対流、伝導など)の理解
  • 基本的な焙煎技術と焙煎サイクル
  • サンプル焙煎の方法論と理解
  • コーヒーの基本的な特徴
  • 装置構成
  • 焙煎に使う道具
  • 清掃、メンテナンス、トラブルシューティング
  • SCAカッピングフォーム
  • SCAフレーバーホイール
  • 実践的なカッピングセッション

前提条件: 焙煎基礎、感覚基礎、グリーンコーヒー基礎 筆記試験と実技試験の後、合格者にはライセンスが発行されます。

期間:2日間コース

CSP 焙煎モジュール - プロフェッショナル

プロフェッショナルコースは、焙煎エキスパートを目指す方の基礎となるスキルと技術を養うコースです。コーヒーの基本的な化学変化、焙煎中に起こる反応に関する重要な知識を網羅し、効率的なプロセス設計、資本支出、意思決定などの焙煎業者管理の理解を導きます。

  • グリーンコーヒー
  • グリーンコーヒーの化学
  • 生コーヒーの物理的特性
  • 加工方法別の化学的特性
  • 生コーヒーの健康と関連問題
  • コーヒー焙煎の物理学
  • 生コーヒーの物理的変化
  • 深煎りコーヒーの溶解度
  • コーヒー焙煎の化学
  • 異なるプロファイルを使用した焙煎結果の官能評価
  • 官能評価とカッピング
  • ビジネスモデルの策定
  • グリーンコーヒーの遺伝学
  • 生コーヒーブレンドの原理と実践

前提条件: CSP 焙煎モジュール - 中級 筆記試験と実技試験の後、合格者にはライセンスが発行されます。

期間:2日間コース

*価格にはSCA登録料は含まれておらず、50ドルとなります。

説明

SP 焙煎モジュール - 基礎レベル

この基礎コースでは、焙煎の技術と機器について包括的に紹介しており、初めて焙煎に興味がある人に最適です。

  • 焙煎時の熱伝達プロセス
  • 焙煎の基本とサイクル
  • コーヒー乾燥段階(水分)
  • 焙煎の段階
  • 浅煎り、中煎り、深煎り

前提条件: なし 筆記試験と実技試験の後、合格者にはライセンスが発行されます。

期間:1日コース

CSP 焙煎モジュール - 中級

中級コースでは、焙煎についての理解を深め、さまざまな標準的な焙煎プロファイルを実行する能力を評価するとともに、官能分析を通じてさまざまな焙煎の欠陥を特定するスキルを強化します。

  • 熱伝達(対流、伝導など)の理解
  • 基本的な焙煎技術と焙煎サイクル
  • サンプル焙煎の方法論と理解
  • コーヒーの基本的な特徴
  • 装置構成
  • 焙煎に使う道具
  • 清掃、メンテナンス、トラブルシューティング
  • SCAカッピングフォーム
  • SCAフレーバーホイール
  • 実践的なカッピングセッション

前提条件: 焙煎基礎、感覚基礎、グリーンコーヒー基礎 筆記試験と実技試験の後、合格者にはライセンスが発行されます。

期間:2日間コース

CSP 焙煎モジュール - プロフェッショナル

プロフェッショナルコースは、焙煎エキスパートを目指す方の基礎となるスキルと技術を養うコースです。コーヒーの基本的な化学変化、焙煎中に起こる反応に関する重要な知識を網羅し、効率的なプロセス設計、資本支出、意思決定などの焙煎業者管理の理解を導きます。

  • グリーンコーヒー
  • グリーンコーヒーの化学
  • 生コーヒーの物理的特性
  • 加工方法別の化学的特性
  • 生コーヒーの健康と関連問題
  • コーヒー焙煎の物理学
  • 生コーヒーの物理的変化
  • 深煎りコーヒーの溶解度
  • コーヒー焙煎の化学
  • 異なるプロファイルを使用した焙煎結果の官能評価
  • 官能評価とカッピング
  • ビジネスモデルの策定
  • グリーンコーヒーの遺伝学
  • 生コーヒーブレンドの原理と実践

前提条件: CSP 焙煎モジュール - 中級 筆記試験と実技試験の後、合格者にはライセンスが発行されます。

期間:2日間コース

*価格にはSCA登録料は含まれておらず、50ドルとなります。

あなたも好きかも